Z Wikisłownika – wolnego, wielojęzycznego słownika
Skocz do: nawigacji, wyszukiwania

(znak chiński)[edytuj]

klucz:
13 + 2
liczba kresek:
4
warianty:
trad. 
(domyślna czcionka)
uproszcz. 
(domyślna czcionka)
kolejność kresek:


chiński:
内-bw.png

znaczenia:
etymologia:
内-oracle.svg
kości wróżebne
内-bronze.svg
brązy
内-bigseal.svg
wielkopieczęciowe
内-seal.svg
małopieczęciowe
wprowadzanie znaku:
Cangjie: 人月 (OB), 難人月 (XOB); cztery rogi:
kodowanie:
zob. wpis w bazie Unihan: U+5185
słowniki:
  • KangXi: brak, następowałby po: strona 128, znak 35
  • Dai Kanwa Jiten: znak 1512
  • Hanyu Da Zidian: tom 1, strona 97, znak 2
uwagi:
źródła:

(język japoński)[edytuj]

czytania:
on'yomi: ナイ, ダイ; kun'yomi: うち; nanori: いと, ただ, ち, のち
wymowa:
znaczenia:

rzeczownik

(1.1) うち → wewnątrz, w środku
(1.2) うち → podczas, w ciągu
(1.3) うち → własny, mój, nasz
odmiana:
przykłady:
(1.2) 若い (わかい)世界 (せかい)旅行 (りょこう)した (ほう)いい。 → Powinieneś podróżować po świecie dopóki jesteś młody.
(1.3) 内 (ひと)とても強い (つよい)です。 → Mój mąż jest bardzo silny.
składnia:
kolokacje:
synonimy:
antonimy:
hiperonimy:
hiponimy:
holonimy:
meronimy:
złożenia:
その内 (そのうち), 手の内 (てのうち), 松の内 (まつのうち), 此の内 (このうち), 内ゲバ (うちげば), 経たぬ内に (たたぬうちに), 内ポケット (うちぽけっと), 内衣し (うちかくし), 内隠し (うちかくし), 内回り (うちまわり), 内開き (うちびらき), 内借り (うちがり), 内貸し (うちがし), 内張り (うちばり), 内渡し (うちわたし), 内払い (うちばらい), 案内 (あんない), 域内 (いきない), 以内 (いない), 内々 (うちうち)/内内 (うちうち), 園内 (えんない), 円内 (えんない), 屋内 (おくない), 海内 (かいだい), 閣内 (かくない), 家庭内 (かていない), 家内 (かない), 館内 (かんない), 管内 (かんない), 学内 (がくない), 企業内 (きぎょうない), 期内 (きない), 機内 (きない), 畿内 (きない), 区内 (くない), 境内 (けいだい), 県内 (けんない), 圏内 (けんない), 月内 (げつない), 港内 (こうない), 口内 (こうない), 校内 (こうない), 坑内 (こうない), 構内 (こうない), 国内 (こくない), 極内 (ごくない), 御府内 (ごふない), 参内 (さんだい), 室内 (しつない), 市内 (しない), 車内 (しゃない), 社内 (しゃない), 州内 (しゅうない), 週内 (しゅうない), 入内 (じゅだい), 場内 (じょうない), 城内 (じょうない), 船内 (せんない), 対内 (たいない), 体内 (たいない), 胎内 (たいない), 町内 (ちょうない), 邸内 (ていない), 廷内 (ていない), 店内 (てんない), 島内 (とうない), 党内 (とうない), 都内 (とない), 仲間内 (なかまうち), 年内 (ねんない), 河内 (はのい), 表内 (ひょうない), 鼻内 (びない), 部内 (ぶない), 幕内 (まくうち), 身内 (みうち), 洛内 (らくない), 埒内 (らちない), 領内 (りょうない), 林内 (りんない), 枠内 (わくない), 湾内 (わんない), 内圧 (ないあつ), 内意 (ないい), 内因 (ないいん), 内謁 (ないえつ), 内閲 (ないえつ), 内宴 (ないえん), 内縁 (ないえん), 内苑 (ないえん), 内奥 (ないおう), 内応 (ないおう), 内科 (ないか), 内火艇 (ないかてい), 内懐 (うちぶところ), 内海 (ないかい), 内界 (ないかい), 内外 (ないがい), 内角 (ないかく), 内兜 (うちかぶと), 内冑 (うちかぶと), 内勘定 (うちかんじょう), 内患 (ないかん), 内観 (ないかん), 内含 (ないがん), 内気 (うちき), 内規 (ないき), 内儀 (ないぎ), 内議 (ないぎ), 内宮 (ないくう), 内局 (ないきょく), 内曲球 (ないきょっきゅう), 内勤 (ないきん), 内金 (ないきん), 内訓 (ないくん), 内径 (ないけい), 内芸者 (うちげいしゃ), 内検 (ないけん), 内見 (ないけん), 内玄関 (ないげんかん), 内股 (うちまた), 内腿 (うちまた), 内交渉 (ないこうしょう), 内向 (ないこう), 内攻 (ないこう), 内港 (ないこう), 内腔 (ないこう), 内航 (ないこう), 内項 (ないこう), 内剛 (ないごう), 内合 (ないごう), 内堀 (うちぼり), 内壕 (うちぼり), 内濠 (うちぼり), 内国 (ないこく), 内沙汰 (うちざた), 内債 (ないさい), 内妻 (ないさい), 内済 (ないさい), 内在 (ないざい), 内旨 (ないし), 内視鏡 (ないしきょう), 内事 (ないじ), 内侍 (ないじ), 内治 (ないち), 内示 (ないじ), 内耳 (ないじ), 内室 (ないしつ), 内実 (ないじつ), 内斜視 (ないしゃし), 内需 (ないじゅ), 内住 (ないじゅう), 外剛内柔 (がいごうないじゅう), 内柔外剛 (ないじゅうがいごう), 内祝 (うちいわい), 内出血 (ないしゅっけつ), 内所 (ないしょ), 内緒 (ないしょ), 内証 (ないしょ), 内助 (ないじょ), 内傷 (ないしょう), 内省 (ないせい), 青内障 (あおそこひ), 緑内障 (りょくないしょう), 白内障 (はくないしょう), 黒内障 (こくないしょう), 内情 (ないじょう), 内状 (ないじょう), 内職 (ないしょく), 内心 (ないしん), 内申 (ないしん), 内親王 (ないしんのう), 内診 (ないしん), 内陣 (ないじん), 内政 (ないせい), 内積 (ないせき), 内接 (ないせつ), 内戦 (ないせん), 内線 (ないせん), 内倉 (うちぐら), 内奏 (ないそう), 内層 (ないそう), 内挿 (ないそう), 内争 (ないそう), 内相 (ないしょう), 内装 (ないそう), 内臓 (ないぞう), 内蔵 (ないぞう), 内側 (うちがわ), 内孫 (うちまご), 内諾 (ないだく), 内達 (ないたつ), 内探 (ないたん), 内談 (ないだん), 内地 (ないち), 内池 (うちいけ), 内着 (うちぎ), 内中 (うちじゅう), 内通 (ないつう), 内偵 (ないてい), 内定 (ないてい), 内庭 (ないてい), 内廷 (ないてい), 内弟子 (うちでし), 内的 (ないてき), 内典 (ないてん), 内殿 (ないでん), 内湯 (うちゆ), 内燃機関 (ないねんきかん), 内発 (ないはつ), 内罰的 (ないばつてき), 内反脚 (ないはんきゃく), 内反足 (ないはんそく), 内皮 (ないひ), 内俵 (うちだわら), 内部 (ないぶ), 内風呂 (うちぶろ), 内服 (ないふく), 内福 (ないふく), 内分 (ないぶん), 内紛 (ないふん), 内聞 (ないぶん), 内壁 (ないへき), 内弁慶 (うちべんけい), 内包 (ないほう), 内報 (ないほう), 内方 (ないほう), 内法 (うちのり), 内幕 (うちまく), 内膜 (ないまく), 内密 (ないみつ), 内務 (ないむ), 内命 (ないめい), 内面 (ないめん), 内蒙 (ないもう), 内野 (ないや), 内約 (ないやく), 内訳 (うちわけ), 内憂 (ないゆう), 内容 (ないよう), 内用 (ないよう), 内乱 (ないらん), 内覧 (ないらん), 内裏 (だいり), 内陸 (ないりく), 歯内療法 (しかりょうほう), 内力 (ないりょく), 内輪 (うちわ), 内遊星 (ないゆうせい), 内惑星 (ないわくせい), 内枠 (うちわく), 内鰐 (うちわに), 内帑 (ないど), 内訌 (ないこう), 内踝 (うちくるぶし)
wyrazy pokrewne:
związki frazeologiczne:
etymologia:
uwagi:
JLPT3; klasa2
źródła: