Z Wikisłownika – wolnego, wielojęzycznego słownika
Skocz do: nawigacji, wyszukiwania

(znak chiński)[edytuj]

klucz:
11 + 0
liczba kresek:
2
warianty:
(domyślna czcionka)
kolejność kresek:


chiński:
入-bw.png

znaczenia:
etymologia:
入-oracle.svg
kości wróżebne
入-bronze.svg
brązy
入-bigseal.svg
wielkopieczęciowe
入-seal.svg
małopieczęciowe
wprowadzanie znaku:
Cangjie: 人竹 (OH); cztery rogi: 80000
kodowanie:
zob. wpis w bazie Unihan: U+5165
słowniki:
  • KangXi: strona 125, znak 32
  • Dai Kanwa Jiten: znak 1415
  • Dae Jaweon: strona 266, znak 18
  • Hanyu Da Zidian: tom 1, strona 102, znak 1
uwagi:
źródła:

(język japoński)[edytuj]

czytania:
on'yomi: ニュウ, ジュ; kun'yomi: い.る, -い.り, い.れる, -い.れ, はい.る; nanori: いり, いる, に, の, りり
wymowa:
znaczenia:

czasownik nieprzechodni

(1.1) い.る, はい.る → wchodzić, wpływać, wstępować

czasownik przechodni

(2.1) い.れる → wpuszczać, wkładać
odmiana:
przykłady:
(1.1)
składnia:
kolokacje:
synonimy:
antonimy:
hiperonimy:
hiponimy:
holonimy:
meronimy:
złożenia:
圧入 (あつにゅう), 移入 (いにゅう), 介入 (かいにゅう), 加入 (かにゅう), 陥入 (かんにゅう), 観入 (かんにゅう), 嵌入 (かんにゅう), 貫入 (かんにゅう), 記入 (きにゅう), 吸入 (きゅうにゅう), 工具入 (こうぐいれ), 購入 (こうにゅう), 混入 (こんにゅう), 悟入 (ごにゅう), 塵入 (ごみいれ), 歳入 (さいにゅう), 算入 (さんにゅう), 参入 (さんにゅう), 四捨五入 (ししゃごにゅう), 収入 (しゅうにゅう), 出入 (しゅつにゅう), 新入 (しんにゅう), 侵入 (しんにゅう), 進入 (しんにゅう), 浸入 (しんにゅう), 切入 (せつにゅう), 先入 (せんにゅう), 潜入 (せんにゅう), 挿入 (そうにゅう), 単刀直入 (たんとうちょくにゅう), 代入 (だいにゅう), 注入 (ちゅうにゅう), 闖入 (ちんにゅう), 転入 (てんにゅう), 投入 (とうにゅう), 突入 (とつにゅう), 導入 (どうにゅう), 納入 (のうにゅう), 搬入 (はんにゅう), 場所入 (ばしょいり), 一入 (ひとしお), 平上去入 (ひょうじょうきょにゅう), 封入 (ふうにゅう), 編入 (へんにゅう), 没入 (ぼつにゅう), 申入 (もうしいれ), 輸入 (ゆにゅう), 濫入 (らんにゅう), 乱入 (らんにゅう), 流入 (りゅうにゅう), 弯入 (わんにゅう), 彎入 (わんにゅう), 湾入 (わんにゅう), 押入れ (おしいれ), 婿入 (むこいり), 入会 (にゅうかい), 立入禁止 (たちいりきんし), 入口 (いりぐち), 入江 (いりえ), 嫁入道中 (よめいりどうちゅう), 入日 (いりひ), 入母屋 (いりもや), 入婿 (いりむこ), 入り目 (いりめ), 入墨 (いれずみ), 入院 (にゅういん), 入営 (にゅうえい), 入園 (にゅうえん), 入苑 (にゅうえん), 入荷 (にゅうか), 入海 (いりうみ), 入閣 (にゅうかく), 入学 (にゅうがく), 入掛 (いれかけ), 入棺 (にゅうかん), 入監 (にゅうかん), 入居 (にゅうきょ), 入渠 (にゅうきょ), 入漁 (にゅうぎょ), 入京 (にゅうきょう), 入境 (にゅうきょう), 入金 (にゅうきん), 入庫 (にゅうこ), 入御 (にゅうご), 入交 (いりまじり), 入坑 (にゅうこう), 入校 (にゅうこう), 入港 (にゅうこう), 入稿 (にゅうこう), 入貢 (にゅこう), 入国 (にゅうこく), 入獄 (にゅごく), 入魂 (にゅうこん), 入札 (にゅうさつ), 入試 (にゅうし), 入歯 (いれば), 入室 (にゅうしつ), 入質 (にゅしち), 入舎 (にゅうしゃ), 入射 (にゅうしゃ), 入社 (にゅうしゃ), 入寂 (にゅうじゃく), 入手 (にゅうしゅ), 入所 (にゅうしょ), 入賞 (にゅうしょう), 入場 (にゅうじょう), 入植 (にゅうしょく), 入神 (にゅうしん), 入信 (にゅしん), 入水 (にゅうすい), 入籍 (にゅうせき), 入船 (にゅうせん), 入選 (にゅうせん), 入隊 (にゅうたい), 入団 (にゅうだん), 入超 (にゅうちょう), 入廷 (にゅうてい), 入電 (にゅうでん), 入党 (にゅうとう), 入唐 (にっとう), 入湯 (にゅうとう), 入道 (にゅうどう), 入内 (じゅだい), 入梅 (にゅうばい), 入費 (にゅうひ), 入夫 (にゅうふ), 入府 (にゅうふ), 入部 (にゅうぶ), 入物 (いれもの), 入幕 (にゅうまく), 入滅 (にゅうめつ), 入門 (にゅうもん), 入用 (にゅうよう), 入浴 (にゅうよく), 入来 (にゅうらい), 入力 (にゅうりょく), 入寇 (にゅうこう), 入出力 (にゅうしゅつりょく), 入学試験 (にゅうがくしけん)
wyrazy pokrewne:
związki frazeologiczne:
etymologia:
uwagi:
JLPT5; klasa1
źródła: